今から約400年の昔、藤堂高虎侯が家康の命を受け伊予の国今張の浦に城を築きました。

今治城は当時としては大変めずらしい海辺りの平城であります。

足場の悪い砂地の中に石積みをして城を造る事は当時としては大変困難な大事業でありました。
 石積の棟梁は治衛門という名人で彼は伊予国西条藩の干拓工事で石積の下働きをした後、秀吉の大坂城築城で腕を磨き1人前に成りました。

彼は1602年(慶長7年)今治城築城の12人の棟梁の1人として召し出されました。

城は慶長9年に完成しましたが彼らは石垣だけでなく、

秘密の抜穴も造りましたので、漏洩を恐れて、死刑にされる事になってしまいました。

それを事前に知った治衛門は、夜1人で竹いかだに乗って向いの大島に逃れました。

島の1番高い念仏山の中腹鐘突堂に隠れ死罪になった友の冥福を祈りました。

現在も今治市宮窪町余所国には治衛門の築いた石垣が残っております。

又城の近くの今治市蔵敷町には死罪になった10人の塚が残っているそうです。

この治衛門が大島における石材業の元祖に当る人であります。 その分家の6代目にあたる石屋の棟梁「小田満弘」です。